1. TOP
  2. Next 完全放置&安定型の自動売買システムの運用実績を紹介します!

Next 完全放置&安定型の自動売買システムの運用実績を紹介します!

こんにちは。河村です。

ご覧いただきまして、ありがとうございます。

こちらのページでは、現在紹介している新システム『Next』の運用実績を見ていただくことにします。

私の7月度のトレード履歴

こちらが、私が実運用しているリアル口座の運用実績となります。資金30万円に対して利益が28,904円となっているのがお分かりいただけると思います。

月利換算で、約した。9.6%の利回りとなりま年換算(単純に12倍)すると年利115%となりますから、1年で資金を倍増させる威力があるという計算になります。実際には資金が増加するにつれてロット数を上げていく複利運用も可能ですから、年間通して運用するともう少し高い成績になってくるはずです。

ナンピンタイプなので含み損を持つことはありましたが、いずれも短期間で解消されており安心してみてられました。(指標等でのオン・オフが一切不要なシステムなので、たまに結果だけチェックしていただけですね。)

 

フォワードテストでの運用実績

気になるのはこちらの方ではないでしょうか。フォワードテストの運用実績をキャプチャーしましたので、ご確認ください。

こちらの実績画面は、テストがスタートした2019年10月から直近の2022年7月末までの損益グラフを表示したものです。資金100万円でスタートして約276万円の利益が上がっていることが確認できます。

グラフの中の小さい山になっている部分はナンピンポジションが膨らんだポイントを意味しますが、フォワードテスト期間のコロナショックや米国の金融引き締め(金利上昇)にもうまく対応していることが分かります。

トレード履歴も公開します

こちらのシステムは、ユーロドルとドル円の2つの通貨ペアをトレードしていきますが、それぞれのトレードの状況も見ていただきたいと思います。

ユーロドルのトレード

下落トレンドにおいては「売り」を中心にトレードしているのが分かります。トレンドフォローのロジックが組み込まれているので、トレンドに逆らわないで細かいトレードで利益を積み重ねていることがお分かりいただけます。

画面左の青い矢印が連なっているところは、トレンド判定的に買いで入ってしまいその後に逆行してナンピンしているところですが、含み損を抱えながらも利益確定につなげています。

 

ドル円のトレード

ドル円は、上昇トレンドのトレンドフォローということで、買い中心に安定的に利益を上げていることが分かります。仮にトレンドが売りへと転換した場合には、今度は売りで攻めていくロジックとなっています。

 

この画像をアップした直後にドル円が急落した場面がありましたが、すでに利確でポジションクローズしています。

今回のような上昇トレンドから下落トレンドへの切り替わりの対応もスマートで、安心感のあるシステムという印象を持ちました。